本文へスキップ

当基金の概要

厚生年金基金制度とは

 厚生年金基金とは企業年金制度の一種で、会社ごとまたは同じ業種の会社などが集まってつくられます。この基金は、東京都内に所在する新聞、ラジオ、テレビ放送及び、これらに密接な関連のある事業を、主たる業務とする企業によりつくられています。 厚生年金基金は、独自に上乗せした厚みのある年金を加算して、加入員の老後を豊かなものにする目的で運営されています。


設  立

 この基金は、昭和46年8月に東京都報道事業健康保険組合を母体として設立されました。


現  況

加入事業所数
227社
加入員数
12,899人
年金受給権者数
8,058人
 

運  営

 基金の運営組織については、「基金規約」によって定められています。この規約の制定、改定にあたっては、厚生労働大臣の認可が必要とされています。これは、基金の業務内容が高齢者の所得保障という、公共的性格を帯びるところからくるものです。
 基金は、加入企業の事業主、及び従業員たる加入員によって構成されています。基金の事業を運営する場合に必要な意思決定の機関として、代議員会が設けられています。また、事業運営の執行機関として理事会が、代表機関として理事長が置かれています。

バナースペース

東京都報道事業厚生年金基金

〒104-0045
中央区築地7-6-1
HKビル5階

TEL 03-6264-7850
FAX 03-6264-7854